1.地熱エネルギー 2.地熱発電のしくみ 3.地熱の特徴



1.地熱のエネルギー


各画像をクリックすると拡大表示されます。
●色凡例
 冷水 温水 熱水 沈澱鉱物 マグマ
 
地層 
画像1
(1) 火山の近くでは、地下数km〜20kmくらいの深さに1000℃くらいのマグマだまりがあって、まわりの岩石を熱しています。
画像2
(2)地下の岩石にはあちらこちら割目があって、このような割目から雨水が地下に入り込み、マグマだまりの近くの熱いところにたどりつきます。
画像3
(3)マグマだまりの熱で加熱された水は高温の熱水や蒸気となり、近くに割目があればそこを通って上昇します。地表に出た熱水は温泉や噴気地帯をつくります。
画像4
(4)地下の浅いところは、深いところにくらべて温度や圧力が低いので、熱水に溶けていた成分が沈殿し、割目が詰まっていきます。深いところの熱水や蒸気の出口がなくなり、高温高圧の熱水が大量にたまります。これを地熱貯留層(割目のピンク色部分)といいます。
画像5
(5)地表からこの地熱貯留層まで穴を掘ると、高温高圧の蒸気をとりだすことができます。この蒸気を使って発電するのが地熱発電です。


1.地熱エネルギー 2.地熱発電のしくみ 3.地熱の特徴

Copyright 2001 GRSJ