日本地球惑星科学連合2007年大会
「地球惑星科学の教育とアウトリーチ(旧地学教育)」セッションのご案内(第1報)


 2007年 5月19日(土)−24日(木)の日本地球惑星科学連合2007年大会(幕張メッセ)で
「地球惑星科学の教育とアウトリーチ(旧地学教育)」セッションを開催します。(短縮名:「教育とアウトリーチ」)

 一昨年までの「地学教育」セッション、昨年から「教育とアウトリーチ」)を経て,本セッションでは、引き続き小〜大・博物館・一般への知識普及に関する「地球惑星科学」に関する教育研究を取り扱います。
 この中には、研究者と教育者との関係を構築することだけではなく、研究者間でのアウトリーチ情報の共有をはかることも含まれています。

 さて、今年度は一般公開セッションとなりましたが、セッション冒頭で日本地球惑星科学連合の提案した「教養理科(仮称)」の思想を反映した授業例の提案を、招待講演の形で行います。この後、一般講演者の講演を行う予定です。

 なお、開催会場・日程の都合上、一般講演者の講演は、内容に応じてポスター発表へまわっていただく場合があることをご理解願います(開催の日時は申し込み終了後に決定になります。参加者に教育関係者が多いことに配慮して、昨年度は、日曜日にPOSTERセッションと口頭セッションの双方を実施しました。今年度も日曜日に実施される可能性が大きいです)。

1.講演申し込み・投稿料について

 招待講演、一般講演ともに、予稿集原稿の投稿は、以下の連合大会のサイトの「予稿集原稿投稿」ページからお願いします。本セッションのセッション番号は「A004」、セッション名は、「地球惑星科学の教育とアウトリーチ(旧地学教育)」です。(短縮名: 教育とアウトリーチ)
http://www.jpgu.org/meeting/index.htm
 投稿締め切り等については、上記HPにある期日となりますが、本セッションが一般公開セッションになったことを受けて、本セッションに関する投稿料は無料となっております(昨年との大きな違いです)。

2.参加料

 本セッションが一般公開セッションとなったことを受けて、本セッションの聴講に関して参加費は無料となります(これは昨年同様)。
 なお、その他のセッション(ユニオン(U)、レギュラー(R)、スペシャル(S))を聴講いただく場合には、小中高校教員の方々が連合大会に参加しやすいように参加費を減額する措置を採っていただけることになりました。
 「個人情報登録」で、ご身分を変更(”一般”→”小中高教員”)していただきますと学生料金と同額になりますので、どうかご利用ください。
 http://www.jpgu.org/meeting/fee.html

補足 日本地球惑星科学連合2007年大会では、公開セッションとして、
「21世紀のフロンティア」
「高校生によるポスター発表」
「地球・惑星科学トップセミナー」
「地球惑星科学の教育とアウトリーチ(旧地学教育)」
「キッチン地球科学」
が予定されています。これらの公開セッションは無料で参加できます。

世話人:
宮嶋 敏 (埼玉・本庄高)
瀧上 豊 (関東学園大)
中井睦美 (大東文化大) 

--問い合わせ先 --
宮嶋 敏 (埼玉・本庄高) miyajim@mail3.alpha-net.ne.jp

-- 今後の日程 --
1月10日(水)      予稿集原稿投稿開始
2月07日(水) 17:00  予稿集原稿投稿・早期割引締切
2月14日(水) 12:00  予稿集原稿投稿・最終締切   
2月中旬    セッション開催日時決定
3月中旬   プログラム決定
4月13日(金) 12:00  参加申込・事前割引締切  
5月19−24日  日本地球惑星科学連合2007年大会開催